2005年04月16日

医療裁判の裁判官のレベルが低すぎる

最近医療裁判の判例をみて、記事にしようと思うのですが、

あまりにも判決が馬鹿らしすぎて、途中で書く情熱を欠いてしまうという悪循環に陥ってます。
記事ネタを考えて、少し書く内容を考えてから、書き始めるので、一旦書こうと思っていたネタがボツになると、次の記事に行く情熱を高めるのに時間がかかるから、、、。まぁ、そんな大層なことではありませんがw。

裁判員制度に70%が参加希望せず 
といったように、国民の裁判に対する参加意欲や関心はいまだ低く、医療裁判にいたっては(医療裁判が裁判員制度の適応にはならないという話もありますが)あまりにも裁判官の医療に対する知識や良識が低すぎるという、アホらしい判例の続出。

医師は100%成功するという保障がない限り、医療行為を行ってはいけないという判例の数々。

関係ないけど、個人的に吼えたいのがコレ。
残業代未払い1億円超か
とか、いうのもありますが、実際にもっと保障されなくてはいけない人(医師)が山ほどいます。
それは、また後日。。。
posted by なこまゆ at 19:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3746984

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。